スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサギ並みの

日曜日に妻沼から帰ってきますと、なにやら例の茶ネコ(アドゥ)が大変おびえておりました。

どうも 残された脱フンなどの状況証拠から推測いたしますと、コハチにいたくいぢめられたらしく、怪我は無いものの 依頼、以前に増してビクビクしております。 びびりチキンからさらに格下げの、 えー なんだろう? おく病な動物って。 うさぎ猫? 

こまったねー といふことで 夜は機械室に入れて帰ることにいたしました。

じゃ 帰るからね、 と窓のカーテンを閉めようと ふと外をみると
20111024_220111024_1
          暗闇に                        背後霊が

わかりにくいかと思いますが、ショッピングカートの中です。 20111027_cart

外に出たがらない 外ネコ。  「運動しないと太りますよ」 といってみても、アドゥにはわからないようです。 
スポンサーサイト

わりと近いところで

埼玉:妻沼と川口に。


妻沼の聖天様は 日本三大聖天様の1つらしいです。 「へえー」 
ところで 聖天さまって?

そういふ名前のご本尊様らしいです。 今は 『縁結びー!』でアピールしている模様ですので、”まだ”の方は如何でしょうか? 大福茶屋さんの酒まんじゅうもおいしいですよ。

入場料を払うと 別添の東照宮チックな飾りが拝める聖天さまは たいへん立派なお寺でございました。
お賽銭合計40円のご利益で、日曜日は晴れ。

ほぼドンづまりロケーションのテント位置。 おとなりは 植木屋さんと八百屋さん、前は竹トンボさんと手編みのマスコットさんで (広義の)手作り感と日なたのかほりあふれる妻沼でございました。

以上。 簡単ですが。 アハ


川口は土曜悪天候で順延の日曜日。
 
第一回目ということもあり 事務局の方は大変おつかれさまでした。

ツイッターを覗きますと、中々に好評で たのしいイベントだった模様です。出展者の感想はと言いますれば 「今後に期待」といふことでございました。

なるほど ツイッターって 即時的でお気軽なコメントができて、こういふイベントの感想とかにはいいわねと 感心いたしました。 えっ、今頃かよ って? ホホホ 


2日目は晴れて、テントも飛ばず 無事に終了いたしました妻沼/川口に ご来場、お買い上げありがとうございました。


 

シャカシャカ せめて「曇り」で 

川口、妻沼は近場ですので、積み込みを終えましてから 午後は作業。

休憩時間に 気分転換の「シャカシャカ」をいたします。 グレーなソラをみながら シャカシャカ 「明日は雨かね?」 シャカシャカ 「雨かね?」  気づけば なかなか ありがたげな音でございます。

20111021_1
夏にたくさん生った ひようたんを水に付けておきました。 時間を見つけては、鼻がちょっと曲がりそうなニオイに耐えながら中味をお掃除し、 乾かしておいたものです。

水で洗いながら中味を掃除しますが、タネを取り切ることが出来なかったので、 乾燥してから シャカシャカします。
やさしく振っていると、 ポヨン ピヨン ポロンと種が出てきます。

種はかなりたくさん出ましたが、 まだ 駒は出てないみたいです。 んー ちょっとこの穴の大きさじゃ 駒は無理だろうな。

のて な能登島

上州のはずれより約350km(?) 北陸、 例の能登半島の口にクワッと 銜えられた能登島でございます。 

のとじま水族館に隣接の公園で100近くのテントが立ちまして、「のて」(とじままつり)が開催されました。

「のて」って 音がたいへんにツボな感じで 「のて」って書いてある あのスタッフTシャツ ほしいなー と見ておりました。

さて、初日 なんとか曇りでふんばりましたが、「のて...のて...の...。 あれ?」な感じ。 やはりお天気がね。

2カメは雲多い晴れ。
晴れれば! さすがにすばらしい景観でございます。って、写真は まだ職人Gの携帯の中なので、ご想像ください。 湾内のせいか 風が強いのですが、かわいらしい白波が海面にタプタプと沢山おりまして、緑と青と白と えーと、とにかくステキ。「釣りざお持ってくればよかったねー」でございます。

しかしそう、風が。 テントが2,3 コロコロと。 「あーっ!」で、 コロコロ。  ペグは太目がよろしいかと。

おいしいそうなものも沢山でておりまして、お客様も沢山お見えでございました。
ご来場、お買い上げありがとうございました。

概ねゆったりと時間がすぎ、2日間が無事終了いたしました。 スタッフのガンバル感がヒシッと身にしみた のとじまてまつり。 みなさまに感謝でございます。 

観光名所が盛り沢山な能登半島、なかでも 曹洞宗大本山には かなり後ろ髪をひかれながら 職人G号は能登島を後に。 まったく 仕事から離れて ゆっくりめぐりたい能登半島でございました。

途中 氷見のハッピータウン(スーパー)内の魚屋で
20111015_noto2
ファーストフード げっと。 うまし! お醤油は常に携帯しておりますのでw。 


今週末は 

埼玉 妻沼手作り市
埼玉 川口クラフト

よろしくお願いいたします。

つくば スローマーケット

3日間 お天気にめぐまれました。 

抽選会でクロガネの右手が引いた番号はB-7。 テントの場所がどうかなー と心配いたしましたが、 駐車場の出口が目の前で、 セイブゥ、スタバァなどにお買い物のお客様がワラワラと行き来きされます。 

20111008_tuku

おしりにダブルハートのお客様もお立ち寄りで 「あら~」 
20111009_tukuba1
ちょとハートにタッチさせていただきました。

お隣は 守谷から参加の陶器 Enteさん。 土浦名物のレンコンをモチーフにしたアクセサリーが大人気で、レンコン待ちのお客様に 「いらっしゃいませ」と便乗営業。 あたくしもお隣さんにめぐまれましてございます。

2日めには 応援部隊ヤサト910-9が到着。 サルトラ作戦を決行いたしました。 
 
そんなこんなで、テントも飛ばず3日間 つつがなく 終了。 
Aゾーンを見て来られませんでしたが盛況だった模様でございます。
Bにも たくさんのご通行、またお買い上げありがとうございました。

みなさまに感謝でございます。

最終日に 撤収しておりますと、女子2名様に「ワラワラはどこですか?」と聞かれ 「あー ワラワラはそこですよ」と。 12m先の笑笑の場所を把握していてよかったと思ったモグラでございましたw。

そして つくば (前日)

で あたくしは、連休3日間 つくばセンター街(昔の名前?)で 「つくば スローマーケット」に

会場は下がタイルですので、テントはオモリを持って行くことになっておりまして、脚1っポンにつき20kgが要求されております。 ビル風といふのが 恐ろしいらしく、去年はテントが飛んだそうです。 

事前の説明会で20Lのポリタンクが良いとのアドバイスをされましたが、かさばるし 4つは無い。
そこで 重量ブロック4枚(?kg)、ミネラル水の箱1つ(12kg)、鉄アレー1こ(10kg) と10L折りたたみ水タンク2こ(20kg)を積み込み、これでいい感じでしょうか。 足りなかったら 本人がぶら下がるといふことでOKかと。 

職人Gを見送り、モグラ号に荷物を積み込んでおりましたら、ちゃっかり
20111007_adu
寝ておりました。 あたくしの布団の上で。 

マルさまの短足に目がなれておりますので、猫って こんなに足が長いのね といふ感想でございます。

つくばまで 約2時間ですので 当日に早起きをして出発でございます。

まずは 京都方面

職人Gは 京都方面へ (もっとデカくしたい)

職人G号は金曜日の午後に京都方面に向かって発進いたしました。京都中心をすぎまして 夜も遅く、現地への道は「おー 山道」。深い霧につつまれておりましたそうで。 なんとか無事に近くの道の駅に到着いたしまして休憩。

早朝 車がユサっっと揺れ「!?」何ごとかと目覚めますと、「すみません。車をぶつけました」と 瞬時に目が覚める 朝の驚くべきご挨拶がございました。
道の駅のお掃除にきたご老人ですが、霧が深く、止まっていた車が見えず ブツけてしまったとの事情でございました。

まあ恐るべし霧の深さ。しかも数台しか車がとまっていない道の駅で。まったく宝くじ並みの確立でございますね。

驚愕のスタートとなりました職人Gの「アートにふれる2日間」

「・・・・・(点が多いので以下略)」
京都市内より40kmくらい(?)の山の中で 途中の道も細いらしく あまり人が来なさそうな感じらしいのですが、まさにその推測通りに

人が来ない

とのことでございます。

そのぶん 他の出展者の方々とゆったりとお話が出来たようです。おとなりの作家さんがまた楽しい方だったようで、「不幸中の幸い」でございました。

2日間が無事(ある意味 この漢字のまま)おわりました。
山中にお越しくださいましたお客様に感謝、また お買い上げありがとうございました。

「かやぶきの里」が割と近くにあったようで、見学して帰りたかったらしいのですが、なにぶん深い山の中ですので とり急ぎ現地を出発いたしました。

20111009_kyoto
京都方面のそのあたりの夕景


タンバに続き”西は振り返らず” なるべく下道での帰り道のこと。夜中の峠道で不審な車が2台(車種からして怪しい感じ) 前の方をゆっくり走っておりまして、突然停止! 追い越しも コワい感じ。後方で停止し様子を窺っておりますと、しばらくしてまた発進しましたので、ホッと胸をなでおろしましたが、なにぶん女子(いちおうw)1名のため、だいぶコワい思いをしたようでございます。 無事 月曜日に群馬に帰ってまいりました。 車には傘1と木刀1を積んでおいたほうがよいかと思いました。


以上 京都方面

西はふりかえらず

タンバはワンコ様もたくさんお見えになり、すてきなクラフト展ではありましたが、 うちのネコ達はのんびり昼寝をしておりまして 「あらら」 「...」。

悪夢のOSAKAにくらべれば かなりマル、 ではございましたが、この移動距離を考えますと 厳しい結果でございました。 関西のばあい 人出と売上げの比例関係は成立しないんでございましょうか?  

ともかくも ぶじに2日間が終了しまして、 再びトコトコ、トコトコと東へ。
 
20111001_3
群馬にはいりますと 「おー」 朝の空にウロコ雲。  秋 でございます。 

いそいで帰ったわけは、今週末の京都&つくばのクラフト展と こやつ
20111003_adu1

にゃんこサポーターにエサを頼んでおりましたものの なにぶんチキンなので コハチの攻撃に耐えられたか心配しておりました。 ちょっと耳に穴があいておりました。

ねこはさておき 10/8,9 (+10)

「アートにふれる2日間」 京北ゼミナールハウス (また 西だけど)
「つくばスローマケット」 つくば センター街

お天気はよさそうでございます。 よろしくお願いいたします。

アートクラフト IN たんば

まだ前日の話で恐縮でございますが、

春日おばあちゃんの道の駅で 食事後まず数時間爆睡いたしまして、時刻は不明ですが一旦 目覚め、トイレへ。

トイレから車にむかって歩いておりますと 「あら? あれ長次郎じゃない?」と職人Gが驚いております。あたくしも寝ぼけ目をこらし ジーっと見てみますと 「あー 長次郎だわ」 

駐車場の モグラ号のちょっと斜め先に 沼田のご家老様(プシャの父)の愛馬 長次郎が止まっております。ビックリ! ご家老様もタンバご出陣とは存じ上げず、いやはや ぬかりました。

「符牒にワイパーあげておこうか?」と職人Gがまたイタズラ心を動かしておりますので、「いや それはちょっと。とりあえずイカを挟んでおこう」と イカ(未開封)をフロントワイパーに挟んだ次第でございます。 翌朝 正式に目覚めますと長次郎の姿は無く、モグラ号の横に 長次郎からの3倍返しが置かれておりました。やられたw。

で、肝心のクラフトフェア―はといいますれば

初日心配したお天気は風が強いものの、水滴パラッパラ程度で 青空も見えて すてきなお日和。
20111001_1 
芝生が広がる「丹波 年輪の里」は 広すぎず、狭すぎず ゆったり歩きながらのクラフト見物に ”まさに”の雰囲気でございます。レストランもあり 軽食のお店も出ておりますので おなかがすいても大丈夫。

お客様もたくさんお出でになりまして、天気がよければテントの位置はさほど関係ない気がいたしましたけれど、とはいえ やはり通路キハでございましょうか。

すばらしい雰囲気の中 たくさんのご来場をいただき、また お買い上げのほどありがとうございました。 まめまめお働きの事務局の方々も御苦労さまでございました。感謝でございます。

春日局のふるさと

丹波 いってまいりました。

浜名湖でいちご野さんからも丹波の情報を教えてもらい、とにかく「早めに」木曜の夜出ました。で、早すぎました。

まあ 初めての場所でもあり 遅いよりはよし、といふことで 仮眠後、仕事をしながら時間をつぶし13時に開場。 ご教示のごとく通路に沿った場所にテントを設置し、前日搬入を無事完了いたしました。日が暮れるまで 公園内の東屋でぽちぽちと仕事をしておりました。

と、となりのテーブルに 搬入を完了した模様の作家さん2名様が泡水をかかえて御着席になり、談議をお始めでございます。 「おねえさん達 どこから? ぬるいビールやったらあるよ」と始まりまして、泡水はご辞退いたしましたが、ひとしきり クラフト情報などうかがっておりました。

ほんとに関西の方は ノリがようございますねー。また、話のキレがよござんす。 おもいがけずの楽しい一時をすごしました。 「こうゆう商売やから、行きに金をつこうたらアカンで。高速も乗ったらあかん。売れたらおいしい物をたべなさい。」のような ご指導もいただき ありがたい限りでございました。

5ジを過ぎ、まだ盛り上がりはこれから の西のだんな衆にお暇をつげまして移動。

(中略)

とりあえず あしたの天気を祈りつつ 就寝いたしました。


えーっと ちょっとかなり忙しいので また後ほど。 

 | HOME | 

Calendar

09 « 2011/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

ツボヤく?

壺焼きボタン

Categories

Archives

Recent Trackbacks

Appendix

Author:evanista

穴掘り大好きなので「モグラ」ですが、木工やってます。 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。