スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月最終出動

20110625

田舎ほど ミスドが混む、といふのは あたくしの偏見でございましょうか。?

大先輩からお声掛けいただいき、「土・日は3万人の人出」といふ怪しいデータにもつられ、ある催しに出てまいりました。 

1Fのウ印良品の店舗前の通路に 4組が固まりまして、別にクラフトとかノボリも 仕切りも立てておりませんので、他のエリアにも沢山出ている 物産の屋台と あまりかわらないといえば、そんな感じでございます。 
20110625_2 何人前を通ったか カウントしようかと思ったくらい。

おとなりの大先輩(癒し系オブジェ作家)も初めての出展で「ここはどうかなー」な スタートではございましたが、やはりそこは別格の実力。ポツポツと前を通過するお客様のハートを確実にゲットされておりました。

あらためて、もっと説明のいらない商品をつくらねば、と思う次第でございます。 ところで heartstrings っていうらしいんですが、欧米の人も琴なのか? みたいな疑問がここ数日頭をはなれません。そこらへん ハートの作りは似たようなもんなんでしょうかね。   

土曜日は一応 2名で様子をみましたが、職人Gはほぼ終日 後方で紐編みなどの作業、つまり「2人はいらぬ」といふことで、日曜日 職人Gは工房でとんぼ玉の制作に専念いたしました。

3階のフードコートの三十一とクレープ屋さんは行列でしたので、人はかなり来ているのだろうと推測されます。下には用が無いだけですね。 結果 売上は以外にも、瀬戸シナノや竹田の里より良かったので 「へーぇ」って感じでございました。

お買い上げありがとうございました。 
スポンサーサイト

梅雨の合間に

梅雨は? ぁ... 明けてないですか。 
ホントに明けてない? やっぱり

2号たちには 夏はもちろん冬も、雨でも 風でも、乗りませんので、 昨日は 夏前の最後のチャンスといふことで、いきなりOFFにして まわってきました。
20110622

新治から中之条に抜ける山(?)道で、富沢家住宅を発見。 国指定の重文です。

江戸末期の大きな養蚕農家。 
20110622_1

20110622_2

県道からすこし山の上のほうに入ります。 (平日のせいか) 車の音もしない 人もいない。 しずかです。

みちっぱたの看板を見るまで 群馬の富沢さんちは知りませんでしたわ。 いわゆる豪商、豪農系の 「ひょー」ではありませんが、 ため息ものです。  
お近くにお越しの際は ぜひお立ち寄りください。 日本の文化です。 大人100円(寄付として)

うー

前橋 33.なんぼ
伊勢崎 32.マンボ

工房内もマンボ。 つまり ちょっと暑いです。 

コハチは水でしめった所に
20110621_1

まる様は 北の風の通る所で
20110621_2

今週末は 伊勢崎市内の スマークってショッピングモールで マイクロ手作り市です。 
屋内なので 雨も暑さも木になりませんが、問題は”入り”ですね。

一部サッパリ

今日は 職人Gが「夕方、 木を切る」と 申しますので 

夕方、職人G号のタイヤローテーションをした後、

入り口あたりの ワサワサになった木など、ざっくり切りました。
20110619

職人Gは 植木職人の孫として ワサワサちゃんを見ると我慢できないようで、 夏に切っても また伸びちゃいますが とにかく切ってサッパリしたいと。 

蚊の顔面攻撃をかわしながら、ゴキゴキ。  登っても手の届かないところは 高枝バサミが活躍。 3mまで届く高枝バサミは 棒の先にペランと刃がついた作りで 最初は「こんなんで切れるんかいな?」 と思いましたが、なかなか役立っております。 ただ 要忍耐で、太めの枝は間違いなく疲れます。

梅雨の合間に 一部さっぱり。 

天賦とは

 来週からは 暑くなる予報。 ここ数日 梅雨寒むでしたので、 職人Gは 炎のまじつしに変身し、とんぼ玉に集中。 あたくしは 不足の小物を加工いたしております。

昨日 夕方 あたくしが小物の塗装を始めますと、 とんぼ玉をしておりました職人Gが「ひばりが聴きたくなった」 と申します。 で、 ヒバリを流しながら 作業いたしました。 なんでも 前夜、23回忌記念番組を見たそうで、 武道館ライブのDVDを買ってもいいかな と思うほど なにか良かったらしいです。

 去年のいつか、たまたま聞いたひばりのCDに心動き 「ヒバリがわかる年になったのか?」と 小さくショックを受けておりました職人Gですが、それは確実なものとなったようでございます。  しかしヒバリ 歌うまいなー。 


まる様は 生の鳥の方がいいらしく、窓越しに外を見ているか、

ここか
20110618_3(とんぼ玉室の入り口)

ここ
20110618_maru(ベッド)

工人まつり その2は御礼

こちらは、クラフトフェア― といふ横文字じゃあなくて、町の人たちが ガオっと支える”工人のまつり”でございます。 メインは 地元工人の方のカゴや帽子など。 概ね 台のうえに ボンボンとカゴなどを置いただけの展示。 かごがステキなので デスプレイなんて必要ないですね。  

1日目の終わってからの交流会は、町の方が用意してくださった山菜づくしで乾杯。時期がすこし遅いので、わざわざ山の奥の方に入って新鮮なものを採ってきてくださったそうです。 こころづくしを大変おいしくいただきました。
20110611_2


2日めは、陽がさすようなお天気。 お天気はありがたいのですが、森の中は砕けた枯れ葉と土によるホコリが半端ありません。 じつは お子さんたちが フクロきのこをパフパフしているんじゃないかと思うほど。  昨日は雨で多少 湿っておりましたが、本日はなかなかの舞い上がりを見せております。 台の上がうっすら茶白い...。(去年はもっとすごかったらしい) ミニはたきは必須です。

(例年のごとく)土曜にくらべると日曜はあっさりした賑わいで、3時終了。  

梅雨なのに ありがたいお天気でした。 日本各地から 工人まつりに 足をお運びくださり、 また お買い上げありがとうございました。 そして 三島町の方々に感謝です。

職人G号は 400号から会津田島を抜け、日光経由で 帰巣。 今回は 酔い止めがバッチリ効いて あたくしも奥会津の山深い風景を楽しむことができましたw。  

会津三島 工人まつり その1

まる3ヶ月。 未曾有という言葉にあった深い痛みが 時間とともに薄れゆく申し訳ないこの頃でございます。 「買って、食って、支える」 を心にかけてはおりますが 粗食なもので、なかなかね。


はじまりました ガンバレ福島 「ふるさと会津工人まつり」
ポッツリと雨まじりながら くもり模様の一日目。

おととし 初参加の工人まつりで 今回が2回目でございます。 朝9時スタートですが、お客様は9時前からいらっしゃいますので、 前ノリしてテントを設置しておきました。

場所は、 ん? おととしと同じ森の奥のほうで、ちょっと残念な感じ。 「なんか 同じようなところじゃない?」「そんな感じね」 なんて、 つまり、一昨年の場所をよく憶えていないわけです。 アハ

準備が完了し、しばらくしてから 足元で 職人Gが大発見!
20110611_1

5ミリ穴がポツポツあいた板っぺら。 まわりの枯葉とおなじ色をしております。 「こっ、 これは!」 まがいもなく あたくしたちが展示台の高さ調整に使用していた木っ端なわけです。 「あら まあ」 といふ、2年間じっと待っていた木っ端との感動の再会があり、テントが一昨年とまったく同じ場所であることが判明しました。 知り合いの方も 「オレも去年とおなじとこ」と言っていたので、偶然ではない鴨?の配置でございます。

「一昨年、去年より 来場者が少ないみたいですね」 って みなさんおっしゃいます。 「はあ、そんな感じですか?」

この場所ですと、おととしは、 わあーっとカゴを買いに来たお客様が、カゴを抱えて、ちょっと他のもの見るかしら と、さっと前を通りすぎて帰っていった、 みたいな記憶なので。  今年はむしろ すこし奥まった場所の割には お客様が来てくれているじゃないの、よかったー、といふ感じです。 もしかして向かい側でやってる ”ツリークライミング”のおかげさまでしょうか。

長~いロープがたらりんと下がって、子供たちがよいしょ、よいしょと昇っていきます、ツリークライミング(正しい呼称はスミマセン) お父さん挑戦するも、登れずギブでニガ笑い(わかるよー お父さん。でもそのお腹じゃ) なんてのもあり。 

全国あまねく、あまたのねこ好き様のためのネコ玉は、ここ福島でも もれなくカンバリます。 お客様に「ウチ゛のねこちゃん見せっから」と携帯画像のご披露いただくなど、 ネコ様話に忙しく 楽しい 一日がすぎましたわけでございます。

で、会場の写真撮りわすれました。 

杜の市 御礼

1、2号機 足のヘッタが痛い2日め

 ...中略...

いいですねー 池会場。 人はたくさんとおりますが、片側だけだし ゆったりした雰囲気。 菅の台も起伏に富み 景色いろいろで楽しいですが、両側にならんでいると見過ごすこともありますので。

池には よーよーさんやオクモトさん、jORAさんもいて、 少しお話し。「じゃ またー」と。 みなさん元気でなによりでございました。 

20110605 池はぐるっと1コです。 よくわからない絵ですみません。
 池一回りしてから、 いちご野さんのところに寄って、「じゃ またー」と。 

お天気にもめぐまれた2日間、 そんなこんなで無事に終了いたしました。 
たくさんのお父さんお母さん 杜の市にご来場いただき、またお買い上げまことにありがとうございました。  
うちの子らを末永くよろしくお願いします。

そして、なんともう 明日は 会津三島に「がんばれ東北」発進です。 

くらふてぃあ杜の市

一日目 晴れー! まさにクラフト日和でございます。 

準備をしておりますと、 昨日 受付の時に前に並んでいたおじ様が (おじ様は あたくしどもと同じ並びの反対端をゲット)  なんと ホウバ寿司を作ってきたからと、 差し入れてくださいました。 「ありがとうございます。 来年は お父さんも お寿司で出展ですね。」と感謝  
 20110605_sushi

ここで、ちょっと昨日の会話を

「実は娘が出展するんだけど、場所取り役に選ばれて」 「そうなんですか 大変ですね」とお話をいたしました。 娘に好きなことをしなさい と言ったら 陶芸を始めて、結果がでるまで大変だった。という、 わかりすぎて胸に突き刺さる深いお話でした。 娘さんの花開いた様子を話す お父さんのうれしそうな顔が心に残っております。 

そんな うれしい感じではじまりました一日目。

クラフト展つながりの知り合いが総結集な感じの 杜の市でございます。 あの人もぅ この人も~♪ もりのいち

出展が300組ちかくもありますので、 タッタか流して見ますとクラクラいたします。 ここはアイスでも食べて休憩をはさみながら ゆったり見たいところですが、おまいは出展者じゃろう といふことで 一日目は 接客に集中いたしました。  

おととしの印象が極めて薄かったせいか (記憶にございません状態)、杜の市って こんなに人が来たんだっけ? といふ感じでございます。 

20110604_1 正解はどっち?
 
おととし キーサスやぼよよんやダルンをお買い上げいただき 「使ってますよー」というお客様もぽつぽつと。 またまた うれしい限り。 午後 風が出ましたが 感謝感謝のの一日目が あっというまに終わった次第でございます。 

駒ヶ根 杜の市 前のり

2回目の杜の市。 前日搬入ができますので、 どうせならといふことで 前ノリいたしました。
13時ごろ菅の台に到着でございます。 椅子の順番は60番目くらい。

(...いろいろ長いので省略...)

受け付けがすみ、「前の方を追い抜かないように」とご注意頂いたのち、4時過ぎに粛々と(スタートだけ)10組30秒ごとの場所取り行進が始まった次第でございます。

デッキは最初からあきらめ、職人Gは上の方へ、あたくしは木道の中ほどあたりで、滑止め要員としてチンマリとしておりました。

職人Gがまさかのマクリを食らふなど、案の定 希望した場所なんてドコモ取れませんで、どうしようと オロっと迷っておりましたら、「別のところが取れたので、ここドウゾ」と 第3候補地を譲ってくださる方がありました。 

なんといふ幸運! まさに「棚からボタモチ」 まさかの アタックチャ~ンス!正解でございました(おそくなりましたが 児玉清さんのご冥福をお祈りいたします) 因みに職人Gはボタ餅がキライですが、この時はありがたく頂いた次第でございます。

あたくしの座右の銘「人生 所詮 運」の具現。 しかし本番は、まだ始まっておりません。ここで運を使い果たしてないことを祈りつつ、荷物を下ろしテントを設置して、明日に備えました。 

またまた 「あしたはどっちだ」 続く...

6月1日

おさむうございます。

妖怪館の帰りに 工房によりますと、 あらたな試作がなされておりました。

20110601_kawa

携帯サイズ。 はんぐおんバックでいかがでしょうか、って感じ?


ところで最近 レオが来なくなり、 つまりレオがいないので コハチがのさばっております。
「今日も来たのかしら?」 「来たよ。」 と 証拠写真の提出

あーら ずいぶんステキな所を見つけたこと。  
20110601_kohachi 
軒下隅に 何故かスーパーのショッピングカートが置いてありまして、その上にプラ箱+ブルーシート。 収まりがいい感じだったようです。 

 | HOME | 

Calendar

05 « 2011/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

ツボヤく?

壺焼きボタン

Categories

Archives

Recent Trackbacks

Appendix

Author:evanista

穴掘り大好きなので「モグラ」ですが、木工やってます。 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。