スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走のシワス

職人Gは腰が悪いので 少し高さのあるベッドを作りたいという予てからの願いもあり、ついでに材料の整理・整頓をかねての ベッドを作り始めましたがさあ大変。 すのこ用の板をかき集めるのに左へ右へ。 

モグラは墓掃除に帰巣しなければならないので、 あとを職人Gにおまかせして、本年は終了いたしました。 ということで 職人Gにお正月休みはなくなる模様。 寒くないといいな

今年もお世話になりました。 皆様 よいお年をお迎えください。 


【おまけ】
20081228_まる お礼
スポンサーサイト

おほー さむ

おおさむうございます。 およよ2 油断してtら、びょーんっと冷え込みました。

あらら 年末も年末、もういくつ寝ると お正月?って あと5つじゃん。 大変。

学習机は 天板と棚板の取り付けを残すのみとなり、工房の材料の整理・整頓をかねて、2名分のベッドを急いで作ることにしまして、なんでもいいから材料をかき集め、急いで木取りしました。 ナラ、ニレ、タモ。
 
木取りしてたら ニレの白太に マルハナバチさんが開けたでっかいトンネルに遭遇。
200812_nireana上から見た穴 200812_nireana2横からみた穴

藤棚に蜜を吸いに来て、ついでにうちのニレの板にでっかい穴を掘るマルハナバチさん。おみごと。 場所は白太なので害はないですが、時々お子さんを穴に残こして行かないでほしいな。ビックリするから。

最近 まる様は 午後3時を過ぎると、大抵こんな感じ。 で、ずっと寝てる。 お腹がすいた時はおきるようです。 
maru20081222
20081226_maruあまえる時は職人Gのひざの上
猫は とってもあったかい。 猫タンポ





 

季節物

12月23日
道路がすいている っとおもったら祝日だった。 きょうは妖怪館で穴掘りバイトの日。 妖怪館はしょっぱいので 飛んでる祝日は休日にならない。 しかも12月29日まで稼働日。 南極の氷なみに冷たくってしょっぱい。 そしてここの場合 ITの文字に意味はなく 単に「それ」かも。 IT関連業務=それ関連業務。 このほうがしっくりね と思いつつ、今日も感謝の気持ちをこめて穴を掘る。

氷といえば、昨日は午後から気温が下り、夕方は 寒いというより冷たい感じ。 さすがに冬らしくなってきました。

夜は知り合いの家で「今年もお疲れ様でした」会。 この時期限定のブッシュどノエルをいただきました。
20081223_cake FTPでちぎれたので合成写真

消えたネコ缶 その2

ネコ缶はいまのところ見つかっておりません。 

そして昨日のこと。 モグラは伊勢崎市物産協会の展示スペースお掃除のため 午後から外出。職人Gは 2009年バージョンの机の脚部の仮組みをしておりました。

今日はマルさまのお迎えがきませんでしたの。 7時半をまわってもグーグーねております。 もう帰るので 夕飯をつくっておいてあげましょう、と、職人Gが テラスのほうの掃き出しサッシのそばにおいてある箱のなかを見て 一声。 「カリカリがない!」

「どっかに置いたんじゃない?」 「間違いなくここに入れた」 つまり
カリカリ消えたわけです。

カリカリのビニール袋は、蓋のないプラケースの中に 輪ゴムでとめて ポンとおいてあるだけだったので、まあご自由にどうぞ って感じではあり。 中身はだいぶ少なくなっていたので ネコがくわえてられる大きさといえば 大きさです。 ふーむ。

機械のほうで作業している間も 手作業部屋の掃き出しのサッシは マル様のために少しあけてあります。 「ない」という状況証拠のみですが、 その隙間から 誰か?が侵入して もって行ったとしか 考えられない、 という結論。 マルさまは 毛布をすっぽりかぶって寝ていたので気づかなかったかも。 to be continued

消えたネコ缶

今朝 庭に車をとめると 玄関のところにマル様が走ってきた。 おや 今日はお早い御なりで。
足元でにゃにゃにゃ攻撃。 はいはい お腹がお空きですね。 暫時おまちょください。

ネコ缶とカリカリを皿に入れ10秒チン。 お待たせいたしました。 はい 召し上がれ。

朝食をお召し上がりになると ストーブの直近でねむそうにしていたので ベッドにユタポンを敷いてさしあげてベッドにお移しいたしました。静かにお昼まで寝ていました。 

20081214_maru

その間 職人Gは塗装とホゾ加工、モグラは角ノミにぶら下がっておりました。今日は冷えますこと。

 1時前だったかと思いますが、マル様は起きて職人Gに「めし」とおっしゃった。 G「ネコ缶はどこ?」 M「箱のあたりにない?」 見てみると あれ? カリカリのおいてある箱の中にない。 「んー どこに置いたかなー」 それから 朝 マル様のご飯をつくった前後の足取りを丁寧に追ってみたが、ネコ缶は見つからなかった。 台所、電子レンジの中、冷蔵庫の中、作業台の上、炊飯器の中、自分のバックw  ないわ。

 ネコ缶はポリ袋に入れて、袋の口をしばったところまで記憶にある。今日はちょっと袋の口を美しく縛れなかったわ、と思った、 という記憶が。 何処に置いたかまで覚えがない。 んー どこか とんでもない所に置いたんだろうか? 可能性-大。 昨日はエンピツがないなー と思っていたら、へアバンドに挟んであった。 自分の頭に付けていて 「無いなー」って。 

マル様は2時半ころ おばさんが迎えに来てスクラッチにお戻りになられた。

休憩時間に ネコ缶の行方を追ったが どうにも見つからない。 そして小さく思い当たる。 まさかと思うけど、 昨日、今日出没している 白黒の野良ネコに疑惑の影。 テラスの手洗い場(餌をすくう木のヘラが置いてある)にネコ缶を置き忘れた、とすると 持っていかれても不思議はない。
はたして 真相は...   to be continued.

日頃のお手入れ

20081210_nikukyuu
お手てを外に伸ばして寝ていたので、裏がわからパシャ(photo by 職人G) 近すぎてちょっとピンぼけ。
ふーむ 毎日お外を散歩するのにきれいな肉球ですこと。 きれいな 品のいいピンク色だわ。
舐めてお手入れしているからでしょうか? なめると乾燥してヒビワレちゃいそうだけどなあ。
不思議だわ。

さて今日は妖怪館のバイト帰りに工房に寄ると、職人G用の簡易ベッドの上でマルがうつらうつらしていた。あら いたのね。
20081210_maruねむい顔。

 「まだ おばさんが迎えにこない」と 職人G。 あらまあ どうしちゃったのかね。この時間だと もうお迎えには来ないな。
清水クラフトフェア応募用の写真の仕上がりをチェックしたり、職人Gが図面を引いている机やキャビネットの話をしながら、カッパコヒする。 そろそろ 帰らなくっちゃだわ。

「もう帰るよ」と ダウンベストと100均の座布団を詰め詰めしたテラスのダンボールに マルちゃんを詰めて帰りました。

【猫のフロク】 ついでに今日はプーちゃんがきたそうです。 マルちゃんの食べ残しを食べていったそうです。
20081210_puu ついでに ハナコもきたそうです。ハナコは馴れないので写真なし。

訪問者3

昨日板削り、本日剥ぎ。
両逆(リョウザカ)な板なのでかなり気をつかって削り、剥ぎ面も ちょー集中してやってみた。 

木を削る時は 木の目の流れ、つまりナラい目(順目)、逆(サカ)目をみながら 削るわけです。 目の流れに逆らって削る時はそれなりの注意を払わないと、バリバリ、ボリボリになります。 木もいろいろ家庭の事情があって、時にはナライ目とサカ目が混ざってる両ザカ だったりします。 その場合は気をつけてあげないと、ぐれてバリボリちゃんになる。 できるだけバリボリちゃんにならないように よく話をきいてあげます。

剥ぎ面をつけて お昼ご飯。 そのあと お客様がきた。 そのあと またお客様がきた。 そしてちょっとお客様が来た。 そしてさらにお客様がきた。 ひょー 本日お客様大盛り。 天気がよかったせいかな?

20081207_debuusu20081207_maru
ブー子ちゃんとマルちゃん: 2回目の対面ながら マルちゃんはこんな感じ。 社ッたチャンス逃す。
まるちゃんは サカ目じゃなくって サカ毛。 

それから剥ぎをすませて 本日終了。今夜はこの冬一番の冷え込み のように感じます。



訪問者2

どこかにいってしまつた、と思っていた例の迷い犬は、その日の夕方 マルちゃんを迎えに来たおばさんにくっついて ノコノコやってきた。 おばさんの話だと、
鎖をひきずったまま何日も前にスクラッチにやってきて、ウロウロしている とのこと。 やさしい誰かが鎖をはずしてくれたようだ。 「おとなしい子なんだけどねー。」 たしかにおとなしい。 しかし 無邪気に愛想をふりまくわけでもなく、常にちょっと警戒しながら近寄ってきたりする。 

犬はのこのこやってきて、おばさんがマルちゃんを抱っこして帰ってしまったあとも うちのテラスを左へ右へしていた。 おなかがすいてきたんだろうな。 デッキで磨きをしまがらだまって様子をみていたが 暗くなったので中へはいると 犬はいつのまにか去っていた。

その後の様子を 昨日おばさんがマルちゃんを迎えに来たときに聞こうとおもっていたのに 忘れちゃった。 家に帰れない ハカな犬なのか、家に帰りたくない事情犬なのか いまだに不明。

明日は 忘れずおばさんに聞いてみよう。 ついでに 具合が悪いらしい新入りの黒猫のことも。

訪問者

穏やかな陽射しにつつまれた師走初日。 ぴょ-汗 もう12月ですわ

20081201_inu
お昼前だったか、デッキで磨きをしていたら犬がやってきた。 ちょっと様子を窺うように近づいてくる。
 首輪をしているので近所の犬だろう、と煮干を3つほどやってみた。「おすわり!」 おっ、ちゃんとできるな。「お手!」 よし。 その後 遅いわれらの昼食時になってもウロウロしている。マルちゃんは チビ以外の犬は苦手のようで毛をサカ立てていた。
 「お家に帰りナ」と言っても わからないようだ。 マルちゃんの食べ残しをガッツいたところを見ると どうも かなり腹がへっているらしかった。 ここに食べ物がある、ということはよく理解できているらしい。

昼ご飯を食べながら うらめしげにデッキから見ているこのハラペコ犬について作戦会議。 このままいつかれても困るんだな。パクパク。 かといって おなかすいてるのはかわいそうだな。むしゃむしゃ。 結論として 多めの餌を裏の公園のできるだけ端っこのほうに置いてくる。 腹が満たされれば犬にも違う考えも浮かぶんじゃないか、 ということで作戦実行。 

そんなつもりではなく少し残しておいたご飯に 猫缶と鍋の残りの豆腐を混ぜ混ぜして仕掛けを作成。 これで引きつけながら公園へ行く。 犬はギャロップしながらついてきた。 

公園の端っこの植え込みのところ、おー ちょうど向こうのほうに畑仕事の人たちもいる。 ここに仕掛けを設置して 犬が食べている間にモグラは走って帰った。 作戦は成功したらしく 犬は戻ってこなかった。

20081201_ichou 裏の公園の銀杏。

今日のお客様 3名+犬1匹
しかし 犬の話はここでおしまい ではなかったのです。 つづく

 | HOME | 

Calendar

11 « 2008/12 » 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

ツボヤく?

壺焼きボタン

Categories

Archives

Recent Trackbacks

Appendix

Author:evanista

穴掘り大好きなので「モグラ」ですが、木工やってます。 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。