スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンダ山 第三羽

モグラは妖怪館で穴をホリホリしていたので、職人Gの報告より。

やはりハンダ山の裾野からはエアーが漏れてしまった。 エポキシ樹脂などで詰めてみたがダメげ。ふ~む 脱出の鍵は、密着して接着力のつおいもの だな。 最終的には ガラスで使った接着剤が「金属にもOK」と書いてあったので、 リベットを接着剤でタンクの穴につけてみました。→ribet  いまのとこ漏れてませんの。
リベットの頭がポチっと出ている状態です。こうしてハンダ山での遭難をまぬかれ、なんとか下山いたしました次第でございまする。

シャンパンの栓が抜けるがごとく リベットが ポンっりべっと2て飛んだら、鉄職人さんのとこにタンク背負って駆け込むまでだわね。
スポンサーサイト

アナ

自動カンナの修理が無事におわったので、土曜から椅子の座板の加工をはじめますた。 カンナちゃん快調。 
 
昨日のはなしですが、削りおわって 磨き作業にはいる。
あれー エアーコンプレッサーから水がもれてるkao05

エアーコンプレッサーって とても大事な機械。 エアーガンをくっつけてシューシューするための圧縮空気をためてくれるやつです。
磨き作業で磨き残しが無いか確認するのに木の粉を吹き飛ばしたり、機械の掃除や服の木屑はらったり、暑い時にはTシャツのなかにシューシューしたりと、エアーは作業にかかせません。

水抜き栓から漏れてるのではなさそう。どこじゃーと捜査したらエアータンクに 0.5ミリくらいのちいさな穴を発見した。ぴょー!sn 今度は穴かい?! バンソウコウをはって無いよりましの応急措置。

夕方「どうするか?」「どうしよう?」で、 ハンダ付けに挑戦してみることにした。 ハンダコテはある。 たしかハンダもどこかにあった。ぐるぐる ハンダを捜索し、結局 いつもの棚の奥におわしました。

ハンダ付けって憧れてたけど やったことないなー。 で、適当に穴めがけてハンダを溶かして乗せてみたりした。 融けたハンダがコロコロ玉になってコロコロころがる。
「やっぱ なんか引っ付けるものが必要なんじゃありませんかね?」といいつつ、むりやりハンダの山を盛り上げて、穴をふさいでみた(つもり) ハンダてんこ盛りで、とりあえず第1羽はココまで

第2羽: 翌朝。 もれてる。 てんこ盛りハンダの隙間から水が...。
とりあえず磨き作業を終わらせなくちゃいけないので、エアーをつかいつつ磨きたおして磨きは完了。 7時ころ 本日のもろもろの作業を終了して エアータンクの穴修理隊が出動した。

ハンダ山はてっぺんの高さ約5ミリ、裾野が直径 約11ミリくらい。
まずは てんこ盛りハンダ山の隙間をなくしてみるか、と ハンダの山にハンダを付ける。
ハンダコテでハンダの山のぼこぼこを滑らかにしたらどうか? ということで山をコテでなでなでしていたら、ハンダの山が! 山がタンクからポロっ ってとれちゃった。あーあがっくり

やっぱ リベットを入れるしかない。と 1.5ミリくらいだったタンクの穴をグリグリ広げて、3ミリパイの銅リベットを差し込んで、ハンダを付けてみた。「ハンダで」つけなくっちゃいけないんだと思うんですが、結果 「ハンダを」つけてみた様子になる。 職人Gは山をつくるのが好きらしい。 さらに リベットの頭にハンダを盛り上げて また新たなハンダ山を作っていた。

ハンダ山物語り、 第3羽につづく

およよ リンククラブ

ひさびさにリンククラブにおよよ。
バタバタしてて とんぼ玉のページ作成も頓挫したまま すっかり鯖のことなんか忘れていたわ。

クレジットカードの明細を見ていたら、ん? 9月にLHS(旧鯖)の分が引かれてる。8月に切り替えしたのに なんで旧鯖のが引かれてるんだ? で、聞いてみた。

解約予定日 2008/10/31 まではLHSのサービスが続いており、 それまでは月額料金が発生いたします。 旧サービスからLHXへの乗り換えのメリットとして、 LHXご利用期間の延長という形で お客様に還元させて頂いております旨ご了承下さい。」 ......無言、汗

普通じゃないリンククラブなので もうあまり驚かない。
そういえば 「ドメイン管理室のIDはLHSの解約完了時(解約申請月末、または 2ヶ月後)に発行されます。」とか わけのわかんない記述があって、「または」ってなんだろなはてな と思ったことがあった。 きっとどこかに「解約完了まで2ヶ月かかります」って書いてあったんだろーな。

鯖を切り替えちゃって 使えないのに2か月分はとりすぎだよな と思う。 切り替えした8月の分もとってるわけだし。 いやー さすがリンククラブ 頭が下がります。
他の鯖に乗り換えるなんて怖くてできない。絵文字名を入力してください

とほほ

妖怪館で穴を掘っていたら、自動カンナの修理を依頼した前橋の機械屋さんから携帯に電話が入った。 最初に見てもらったときは 変則装置のところのベアリング交換ですみそう A万円くらいですかね、ということで、 まあしょうがないか。じゃ、お願いしますと その箱の部分を持って行ってもらった。

「実は最悪の事態です。 中をあけてみたらベアリングだけじゃなくって ギアとシャフトもダメ。交換すると2*A万円くらいになります。 部品代だけで A+1.5万円かかるので」
「え゛ーkao05 ば、倍ですか!?(そりゃないぜ)」

でも この機械を使うつもりなら 修理しないとダメなわけで 2*X万円では買えないわけですから、つまりお願いした。 とほほ汗;; 部品の到着次第なので治るのは来週になる予定。 んーむ 

しかし ということは工賃が 0.9A万円ということか? けっこうするな。出張費込みだからだろうか 

泣き始めたときに すぐに医者に見せればよかったのかもしれない。もしかしたら 突然 泣きやんでケロっとするかなーと期待しつつ、ちょっと使っちゃったからなー。 

八ヶ岳2日目

今日も快晴。 湖のむこうに富士山がみえます。
一日目のショックあり、けっこうな砂埃もありで 漆の作品はお箸と台以外 展示しませんでした。

wanko2 suwako
ポリさまとポパイさま親子 ご来店、 ダルンお買い上げ。 いやー お客様 御目が高い

ベストショットはこれかな
suwako wanko1

【クラフト展の運不運】
都丸さんのところは場所が悪く、人が流れていきません。 場所は抽選なので運としか言いようが無い。 しかも ディスプレイ用の布の箱を間違えて持ってきたので、思うように飾れず。
三島や鼠志野の渋い作品なので なんとも残念でした。 
うちの抽選番号は79 番号がちょっとよくなかったかしらね- エヴァニスタ79

来年は例の農場でやってくれないかなー  牛がクサを食む音の聞こえる農業大学校の敷地

道の駅「小なんとか公園」 in 塩尻

今回は 赤城の陶芸家の都丸さんも八ヶ岳に参加。

「どうしちゃったんだ八ヶ岳」の一日目をなんとか乗り越え、2組は 岡谷の松の湯→西友で買い物をすませ、塩尻の道の駅につきました。 24Hの西友の駐車場で鍋をやるかという話になったが、モグラは「それは無しでしょ」と反対して 道の駅にいくことにした。

そして、なんと駐車場で鍋です。 車を並べて停めその間で、都丸さん作、野菜を山盛りいれてもちゃんと蓋ができる立ち上がりの大きな蓋の土鍋が登場。
キムチ鍋の元、野菜を山盛りちぎっていれ、豚肉をのせてグツグツ。包丁もまな板もいらないし簡単
なんちゃってキムチ鍋。 水は都丸さん持参の井戸水を使用しました。

さむかったので温まったし、たいへんおいしゅうございました。一度お試しあれ。寒い道の駅の駐車場というのが味付けのポイントです。

michi de nabe

さすがに”鍋”だと 何もの? って感じ。 気づいた人たちは ちっとビックリしたことでしょう。
まあ 北海道の道の駅で、朝 一人旅のおばさんが野菜炒め作ってたのを見て以来、 うちら2人はまったく動じませんが。 

道の駅はありがたい

トルコのぽち

oldkirim suwako

ところどころ上手にあるいは下手くそに補修してあるところが、まさにアンティークっぽいトルコのオールドキリム。営業部長が探してきてくれますた。
手織りの質感や大胆な柄。年月を感じさせる風合いがすてきな小さなポチです。

人々は付けてあるトンボ玉よりやはりこのポチが気になるらしい。そちらがメインぢゃあないんですが...。 売っちゃったら 同じものはきっと手に入らない。 「それは稀少品でお値段がつけがたいので」と言ってみた。 
 
この八ヶ岳でも布は結構人気のようでした。 これを機に、営業部長はポチ作家に転身してもらい、
ついでに皮もやってほしいな。

わん様たちが消えた日

2008 suwako1 富士山はまだ隠れている。へこんだ辺りに見える予定

やや悪い天気予報にもかかわらず、小雨がやんで奇跡的な陽の光。 長靴を持ってきたのがよかったのか。 んー すばらしい。 っと ここまでは上々ですた。

しかし まあ一昨年の会場(農場)にくらべ、去年、今年はまたさらに なんだかなーの雰囲気。空き地です。下が石っころで、砂埃がたちます。 ちょっとワンさまたちのお散歩には痛そうだわ。
湖の際に行けば眺めはいいけど...。

そして始まった 八ヶ岳クラフトフェアー。 初日から顔を見合わせて「どうしちゃったんだ八ヶ岳?」状態
人出はありますが、どうも売れませんです あれー?

んー どうも ワン様たちがお見えになる気配がない。 今日はどこに行かれたのか? ここじゃなくって

ぽちは

見つけた(探した)が北軽井沢には いなかった。お洋服をきたお犬さまたちはたくさんいらっしゃったけど。

帯地で小物を作っている方がいて、そこで旅費を入れる用のポシを買った。 裏付きで500円! 生地はちょっとそのー いわゆるなんというか まあ渋めですが、安いわー。 

それにしても... 先週の浜名湖はテント300で、4万人の人手。 こちら テント50で、来場数不明(何千人かな?お犬様は多数) 売上げがあまり変わらないのはどういうことだろうか? 場所柄?

浜名湖は 富士の宮焼きそばとロールケーキ目当てに来ていたお客様が3万5千人くらいだった。 つまり...そういうことじゃないかと思う。 

しかも 北軽井沢は出展料が安いし、スタッフがテントまで張ってくれて、工房から近い。
これで、わんこ様たちがもっときてくだされば言うことなしですわ。

北軽井沢の杜

軽井沢の北の嬬恋に行ってきました。 「北軽井沢の杜クラフトフェアー」
テント50くらいのこぢんまりした のどかなイベントですた。 浅間山がデンと見える マレットゴルフ場。
ハイランドパークなのでボート、アーチェリー、ボーリング場もあるよ

2008karuizawa01一日目
2008karuizawa02正面がうちのテント
2008karuizawa03浅間やま

一日目はステキな天気。 二日目はそのうち雨だろうなという天気。
ご来場、お買い上げ まことにありがとうございました。

ぽーち

ぽちじゃなくって ポーチ

浜名湖で 見本のとんぼ玉(ぼん2)をつけるポーチを探したが(群馬では「見つける」という。しばらく混乱させられた) みつからなかった。 浜名湖くらふとは、つまり そういう雰囲気というか内容だった。

ポーチって家の中にいっぱいいてゴロゴロしてませんか(犬でなく) モグらの場合はもらい物のみです。20年ちかく前のスキー場のお土産ポーチとか使っていたりする。 

自分が買うとなると なかなか これ!というのが無かったりするもので、北軽井沢でみつけられればいいな、とおもっております。

テクスチャのおもしろい無地のポチに ニク球のマークを書いて、ニク球のトンボ玉をぶら下げたいと思っているのだけれど

浜松名物

はままつ餃子

金曜日の夜に 餃子マップを見て入った店は おいしくなかった
日曜 撤収してから どうするか迷ったけれど、 結局 去年行った「小白」というお店へ(なんて読むかは不明) 

浜松ぎょうざ

付け合せに 何故か、ゆでたモヤシが付いてきます。
皮は薄いタイプ。 薄いけど食感がある。 野菜ベースでふつうに美味しい。 がんばれば自分で作れるレベルとは思うけど(皮が難しいか?)、家では 餃子1まい!って言うだけでは餃子は出てこないもんね。

 | HOME | 

Calendar

09 « 2008/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

ツボヤく?

壺焼きボタン

Categories

Archives

Recent Trackbacks

Appendix

Author:evanista

穴掘り大好きなので「モグラ」ですが、木工やってます。 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。